AdobeのFlashコンテンツ制作ソフトに脆弱性

3月19日付のアドバイザリーによると、脆弱性があるのはFlash CS3 Professional、Flash Professional 8、Flash Basic 8の各製品。Flash Playerは影響を受けないという。

 ユーザーが悪質なFLAファイルを開くと脆弱性を悪用することが可能になり、コードを実行される恐れもある。ただしリモートで悪用することはできず、Mac版のFlash ProfessionalとFlash Basicは影響を受けないという。

 AdobeFlash Professionalの次期メジャーリリースでこの問題に対処する予定。ユーザーに対し、不審なFLAを受け取った場合は注意するよう呼びかけている。

本文

Flashの対応パッチなどが開発されないのがあぶないですね