携帯フィルタリング、総務省が"過剰規制"に「待った」

未成年者が携帯電話やPHSで有害サイトを閲覧できないようにするフィルタリングサービスについて総務省は29日、携帯各社による過剰な規制に歯止めをかける方針を固めたとの記事です。



問題視されているのは、携帯電話会社の公式サイトから、有害の恐れのあるサイトを排除し、残ったサイトの閲覧を許可する「ホワイトリスト」方式と呼ばれるものだそうです。



未成年者が有害なサイトを見ることに歯止めをかけることが、携帯のネット利用にも影響を及ぼしてしまうのは確かに問題かも知れませんね。何事もバランスでしょうか。



記事はこちら