GPUによる流体シミュレーションの現状

現在の流体シミュレーションは主にパーティクル(微粒子)による計算ですが今回は流体力学に基づきボリュームレンダリングによる流体を実現したそうです。

これにより今までのものより品質のよい画像が作成できるようになってきたそうですが、やはり実装にはまだ問題点があるそうです。


問題点はライティングとリソースだそうですが、個人的にここまでのものを作成できるのはすごいと思います。



将来、フォトリアルなゲームがどんどん増えてくれるんでしょうね。


記事はこちら