フラッシュメモリ発明対価訴訟、8700万円で和解

フラッシュメモリ東芝在籍時に開発した舛岡富士雄・東北大学教授が、東芝に対して発明対価約10億円の支払いを求めていた訴訟で7月27日、東芝が舛岡教授に8700万円を支払うという内容で、東京地裁で和解が成立した。(記事より)

ちょっと少ないかなと思いました。3億くらいでもいいんじゃないかと。

記事はこちら(Yahoo!)