NEC、データマイニング技術によるシステム運用ログ解析支援ソフト

NEC(金杉明信社長)は、業界初となるデータマイニング技術を利用したシステム運用ログ解析支援ソフト「WebSAM LogCollector TraceAssistant」を発表した。2月6日から出荷を開始する。価格はオープン。実勢価格は157万5000円の見通し。

 新製品は、NECのログ情報収集・管理ソフト「WebSAM LogCollector」の強化し、未知のパターンを含むシステム障害発生の原因を特定できるようにしたソフト。膨大なログ情報から異常を示すログをすばやく見つけることができるため、これまで発見が困難だった、未知のパターンによるシステム障害も検出できるようになった。また、特定にかかる時間も従来よりも最大で40%スピードアップした。

 ログ情報の収集には、NEC中央研究所が開発した、ログ情報などの行動履歴データから全体の行動パターンを学習し、普段と異なる行動パターンを自動的に検出する「異常行動検出エンジン」を利用した。

 NECでは今後3年間で300システムの販売を目指す。また、新製品を使ったシステム運用ログの解析支援サービスも06年度中に開始する予定。