デジタル伝送方式のコードレスヘッドホン

松下電器産業は、デジタル伝送方式のコードレスヘッドホーン「RP-WH7000」を11月15日に発売予定。価格はオープン。

同製品は、5.1chと同じの方向感や迫力のある音の再現を可能としたコードレスタイプヘッドホーンで、トランスミッター部(発光部)とヘッドホーン部(受光部)間にデジタル赤外線伝送方式を採用し、ノイズのないクリアな音質で楽しむことができる。

高音から低音までの音の再現性を向上させ、2系統のデジタル光入力端子を搭載している。また、ヘッドホーンの充電時間は、同社従来製品より14時間短縮した2時間で急速充電が可能である。別売りの増設用ヘッドホーンを用意することで、複数人数で楽しむことも可能。

僕もコードレスヘッドホーンを一つ持っていますがノイズの音が気になります。でもこの商品は期待できそうです。値段が気になりますね。