液晶テレビVIERA | 開発ストーリー | 技術情報

CRTやプラズマディスプレイでは人間の目が持つローパスフィルタのような機能を利用して、インパルスを映像のように見せている。

LCDにおける残像は、液晶パネル自体の応答速度の問題だけではなく、画素が常時点灯している為発生するホールドも原因であり、それは画素が常時点灯しているとフレーム間でイメージが保持され、それが残像になるというものである。



VIERAのLX500シリーズでは、その問題を解消する為にフレーム間に黒い画面を挿入してインパルスのように見せたり、その黒い画面中はバックライトを消灯してその効果を高めたりしている。

更に見やすい状態にするために、動きベクトルを検出して補完するフレームクリエーションという技術によりホールド時間を11.1msec程度に短縮したりしている。



この辺の開発の方は小さい頃からテレビが大好きだったらしい。



液晶テレビVIERA | 開発ストーリー | 技術情報/デザイン | 松下電器について | 松下電器産業株式会社