SIGGRAPH 2005 4 日目

SIGGRAPH 4日目のレポートです。

今日はコースから行ってきました。ザールランド大学の Slusallek 先生のお話を聞きました。Introduction to Real-Time Ray Tracing ということで基本的なことを学ぶことに。個人的にはもっとプログラム寄りのことをやってほしかったですけど、すごい人の話が聞けて満足でした。そういえばコースに来てる人でスライドの内容を PC に写してる人がいました。すごい根性です。ていうか話聞きながらよくキーボード叩けるな。スライドもすぐ次にいっちゃうし。このコースは今日 1 日やってるので午後もこのコースに参加する予定でしたが 15 時から e-frontier の方と社長が面会するらしかったので自分も一緒させてもらうのにコースを早めに切り上げることに。社長の横で話を聞いてたのですが段々難しい話になってきたので退散してコースに戻ることに。コースでは OpenRT という Slusallek 先生や Ingo Wald 先生らが中心になって開発している OpenGL に似た レイトレーシングのための API を使ったプログラムの解説を行っていました。ちょっと使ってみたいですね。余った時間に E-Tech を見てきました。初日は自分が見に行ったときに昼休みでやってなかった NTT の Shaking The World: Galvanic Vestibular Stimulation as a Novel Sensation Interface を見てきました。前庭感覚への電気刺激(GVS)を使用して平衡感覚をコントロールするというものらしいです。ヘッドフォンらしきものをつけてコントローラーで操作されると左に右に歩かされてました。こういうものって見てても信じられない性質なので自分も試そうと思ったのですがあまりの行列に止めておきました。夜はレセプションに参加しましたが飯食うのに並ぶのがきつかった。アイスクリームがうまかったですね、生クリームをどっさりかけて。

いよいよ明日は最終日。早いものですね。