Siggraph2005のkinuの高速レポートが読めるのはweb3dだけ!!

というわけで2日目です。朝からHardware Renderingに参加。残念ながら見たかったRPUは見れなかったんだけどもその後のPixarのRipsを見る、凄い、ロードバランスがもはや感動的の領域です。たぶん僕的にはここでは一番いい論文になることでしょう、やっぱりプロダクションはロードバランスが素晴らしいですね。
それが終わるとMPIのGrzegorz氏と会う約束をしてたので面会、でかいなー、ポーランド人ってみんなこんなのなんですか、凄い荷物が軽手だったので日本からわざわざ持ってきた漫画を渡しそこねた、ヘタレめ。その後一緒にIllustraton and Image based modelingに参加、待ち時間が15分あったのでだべりだべり。明日は僕はMPIオールスターと会うみたいです、ちびらず漫画を渡すぞー。でもってIllustraton and Image based modeling、凄い微妙だ、Image based modelingが1つしかないぞ。けども横に偉い人がいるので眠るわけにもいかず気合と根性で聞いてました。ただ質疑応答が壮絶だった、「aliasのナントカですが」「マイクロソフトリサーチのナントカですが」「Nelson Maxですが」何ですかこれみんな本物ですか。

その後、Grzegorz氏と別れて携帯会社の人と飯を、GLESの苦労話などを聞いておりました、そこにsyoyoさんが横切ってました、このでかい会場で2日連続偶然会うなんて珍しいなあ、レンダラー野労は惹かれあう。。。

続いてジョージ・ルーカス氏の公演があったんだけどもかなり微妙、西田大先生がナントカアワードで表彰されててそっちのお話の方が正直面白かったです。

"video and image matting"に参加、面白い、始めは簡単そうに見えて複雑な式が出てくるところでgive up、でも本当に簡単そうなのも混じってたような。ところで僕の2列前にいたお方がDavid Kirk氏に見えてしょうがなかった、本物だったんだろうか、真相は謎のまま。その後ぷらぷらと時間を潰してシアターに参加、無茶区茶長かったので寝てしまった。。。。

明日からは少しづつレンダリング色が強くなってくるのでペースアップです。