Siggraph2005の高速レポートが読めるのはweb3dだけ!(?)

Siggaphに行って来ました。簡単なレポート@一日目の前半です。

まず最初はComputational Photographyを見てきました、内容よりもJack Tamblin先生を見れた事の方が感動でした、本物やー。さらにMEALの人の発表も、こちらの人も解説がわかりやすかった。

その後1時間ぐらいきいてたんですけども少しづつ睡魔が襲ってきたので移動、Relistic Materials in Computer Graphicsを見ます、こちらも本物のMPIのGossle先生を拝見、ああ本物やー、筋肉ピチピチのTシャツを来てました、ウェブにある写真の顔とは少し違ってた。

その後、Beeさんと合流して昼ごはんを一緒に、その後Beeさんの発表を聞いて別々にコースを見て回ることに、再びRelistic Materials in Computer Graphicsを見るんだけどもあまり個人的にビンゴがこなかったので移動。人と待ちあわせしてたのでそこに移動、そこで喋ってたら20m先に偶然syoyo先生がいたので久々にお話しました、レンダラー野労は惹かれあう。。。Graphics Hardwareのnvidiaが出してたやつの解説を20秒ぐらいで聞きましたけども面白そうでした。
最後にfast forward papers reviewを見てきました、途中で少し退屈になったんですけどこういうものがあるんだなあ存在を知れただけでよかったかも、あとやっぱり発表は面白くした方がいいよね、ちなみにEurographicsも40秒だけども似たようなあるのでいい応用例の勉強になりました、何やろうかな。