アートゲノム 第17回〜かつて日本は美術大国だった

日経BPにかつての日本のアートシーンについてのコラムがあります。「美術」という言葉/概念は明治以降輸入されて定着したそうで、それ以前の日本には美術という言葉はなかったそうです。また、浮世絵は展示される類のものではなく、ガイド本の写真のようなもので、狩野派の絵などもフスマに描かれていることから、日本の美術は本来、日常的に見られるものだったそうです。

アートゲノム 第17回〜かつて日本は美術大国だった