20分で3D画像を撮影?(3,000万円なり)

PCwebの記事によれば、Webブラウザ上の3Dコンテンツ制作システム「AOS 3D VR」をOSテクノロジーズが発表したそう。なんでも3D化したい物体を撮影する「AOS 3D VRスキャナー」は、大きさ275(H)×120(W)×360(D)cmの撮影システムで、ターンテーブル上の撮影物を水平/垂直360度から撮影することができるそう。


データ編集用・閲覧用のソフトウェアも見ましたが、QuickTimeVRに近い感じですね、、、


今後も注目してみましょう。