Facial Mocap from Russia (with Avator?)

京セラコミュニケーションシステムのニュースリリースによれば、携帯電話・パソコンでのアバタサービス提供に向けて、ロシアSeeStorm, Inc.と提携した模様。


先日、あいづ・ジャパンでも出展した「東京コンテンツマーケット」で、目の前のブースで展示していたのですが、なんでも3Dモデル生成が高速で、顔の輪郭やパーツを検出してスプライン化するプロセスの自動化のせいで、他社製品では10分ぐらいかかるところが2〜3秒で済むそう。


もちろん、3Dモデルの生成や、顔のパーツの自動検出、せりふにモデルの口の動きをシンクロさせるリップシンク、データストリーミングも可能で、競合するEyematicやLife LXなどと比較しても全て自社ライセンス等の優位点があるそうで今後の台風の目になるか?


個人的には、ロシア産というのがおもしろいが(周りのロシア人の先生に聞くとやっぱ優秀な人が多いみたい)、非接触の顔面Mocapでどの位のことができるか今後が楽しみ。主な用途は携帯向けアバターだそうですが、ぜひProfessional版ででも出して欲しい。


関連ニュース1:ZDnet Mobile

関連ニュース2:ZDnet Mobile