Swift3D 3.0リリース

3Dアニメや、Flash等のベクタフォーマットやラスターフォーマットにエクスポートできるSwift 3Dが3.0に。



RAViX IIIレンダリングエンジンにより3.0では透明度、反射、先進のスペキュラや複数のシャドウが可能で、異なるシーン要素をカラー、ライン、シャドウ、ハイライト、反射、静止オブジェクトや動くオブジェクトなどの個々のレイヤーとともにFlash MXにインポート可能。



Swift 3D 3.0は、EMO Ray Tracerも備えているのでEMOで、3Dシーン内でビットマップテクスチャを使用したり、透明度、反射、屈折のある出力のレンダリングができる。要チェック。



http://www.erain.com/