Siggraph Report by So

ご無沙汰です。siggraph 遠征中でニュース投稿ができてませんね。すいません。代わりに、今日から始まった Exhibition の Web3d 関連レポートを。Web3d 関係では、Viewpoint と、こないだ発見したばかりの Anark が出してました。あとは、X3D。それぞれのブースにいた関係者1人ずつ、他の Web3d 関連製品と比べてアピールできる点、かなり広まっているプラグイン、Shockwave3d にどう対抗するのか聞いてみました。

Viewpoint:

・同じワールドに、2D/3D, 画像ファイル関係なく、何でもおける。(shockwave はできない)

・ファイルサイズが超小さい

・ブラウザ以外の画面に出たり、popup したりできる

shockwave については、これだけの利点があって誰がshockwave 選ぶの?という感じの答えでした。

Anark:

・同じワールドに 2D/3D 関係なく物体を配置できる。

・ファイルサイズが小さい

・AffterEffect のようなコンポジット系レイヤ機能。

Shockwave については、Nvidia など他の大手企業と手を組んで、plugin 配付の拡大を狙うしかないだろう、と言っていました。

一人ずつに聞いただけなんで、まだ色々な情報が眠っていると思いますが、形式的解答としてこんな感じ。ビジネスプランなどはしゃちょーが後でやってくれるでしょう‥‥などと言っておく。

ではでは、今から遊び‥‥じゃなく、レポートのネタを貯めます。ビデオ撮影禁止のとこが多くて、ちょっと辛いです。