CGプロダクションのIntelプラットホームへの移行

数年前までCGといえばSGIでしたがジムクラークがいなくなってから何か冴えませんが、ZDnetで面白い記事を発見。映画の特撮専門会社、米Industrial Light and Magic(ILM)が“帝国軍”に加わった――少なくとも、ハードに関しては。

ILMではSGIRISC-UNIXワークステーションを使用していたが、。600台のPentium 4ワークステーションを導入しIntelベースのDellLinuxワークステーションに切り替えたそう。

「今回導入したIntelベースのワークステーションは、価格は数年前に購入したSGIワークステーションの2割程度で、処理速度はおよそ3倍だ」って、、、そうでしょうね、、、

http://www.zdnet.co.jp/news/0207/23/ne00_ilm.html