Java3D

--Java3D--

[http://java.sun.com/products/java-media/3D/index.html]

★★★★(良い)、★★★(普通)、★★(あまり良くない)、★(良くない)
特徴
 

API非依存の3次元グラフィックス

・3次元Javaアプリケーションやアプレットの作成

・シーン・グラフ構成と描画詳細に専念できる

・CAD形式、VRML形式をサポート

プラグインのダウンロード ★★★
  Java3Dのページから手動でインストールする必要があります。

Java 3D(TM) API 1.2.1_03

Java(TM) 2 Runtime Environment 1.2.2_011


Java3D をブラウザで使うには ブラウザを使う環境に Java Plug-in 1.2 とJava3D ランタイム(Windows のみのようです)

をインストールする必要があります。Java3D ランタイムは上記 Java3D本体をインストールしておけば必要ありません。さらに、Java3D

を使うアプレットのタグを Java Plug-in 用に書きかえ、そのアプレットに署名をしなければいけません。

Java3D 1.1 (Winsows : 1.8 MB 程度)

Java3D のランタイムです。開発環境がある人は必要なし。


Java(TM) Plug-in 1.2

Java3D を使ったアプレットの実行に必要です。JDK 1.2 にも付属しています。Java Plug-in 1.1 では Java3D

は使えません。


プラグインの対応 ★★★
  Windows

Windows 95/98/NT4.0/2000

NT4.0 ではサービスパック 3 以降が必要

OpenGL

DirectX7 版

Solaris では 2.6 以上で動作します。OpenGL をサポートしているフレームバッファ(Expert3D, Elite3D, Creator3D,

Creator, TGX, GX, SX, ZX など) と OpenGL for Solaris 1.2.1 以上が必要です。

Solaris 2.6 や Solaris 7 ではパッチを当てる必要があります。

CPU PentiumII 266

メモリ 64M

OpenGL対応3Dアクセラレートボード

長所
  一度コンパイルすればJavaをサポートするどんな環境でも実行可能になる。

短所
  Javaを知らない人にとっては比較的他のプラグインと比べて作るのが難しい。

使用ソフト
  Java2 SDK, Standard

Edition 1.2.2 以上

作成方法
  JAVA3Dレポートをどうぞ。
ライセンス形態
   
サンプルへのリンク
  http://cgi14.plala.or.jp/antun/

http://www.asahi-net.or.jp/~cs8k-cyu/java3d/index.html