Pulse3D

--Pulse3D--

[http://www.pulse3d.com/]

★★★★(良い)、★★★(普通)、★★(あまり良くない)、★(良くない)
特徴
  レンダリングの質がよく、軽量化ツールとの併用で複雑なモデルを軽量化して提供できる。

プラグインのダウンロード ★★★★
  自動的にインストーラが起動して該当コンテンツに必要なプラグインをダウンロード・インストールする。

Pulse3dからダウンロードしても良いが、日本語によるサポートはない。

プラグインの動作は少々不安定


プラグインの対応 ★★★
  Windows

PulsePlayer

Win95/98/NT/2000/ME

InternetExplorer4.x,5.x,

Netscape Navigator4.x(Ver6非対応),

AOL4.x,5.x+ 32MB以上(64MB以上を推奨) RAM

PentiumII400MHz以上(PentiumIII以上を推奨)

3Dアクセラレータ搭載を推奨


Macintosh)

PulsePlayer

Mac OS

Netscape Navigator4.x(Ver6非対応),

AOL4.x,5.x(IEでは使用できません)

32MB以上(64MB以上を推奨) RAM

Macintosh G3 300Mhz以上

ATI MAC RAGEON

matrox PROMAX-400 AGP 32MB(MAC)

Apple NVIDIA GeForce2MX

長所
  ストリーミングにより、すべてのモーションデータをダウンロードしなくてもストレス無くコンテンツを閲覧できる。

短所
  全体的にレンダリング品質があまり良くない。

作成ソフト
  ・Pulse creator

・3DStudioMaxR3,R4(プラグインが必要)

・Softimage3D(プラグインが必要)

・その他のDXF出力の可能な3DCGソフト

作成方法
  3D Studio MaxなどでモデリングしたものをPulse

Creatorへ読み込みます。Pulse CreatoはDXFファイルも読み込めるのでDXFファイルへの書き出しができる3DCGソフトであればどんなものでも良いと思います。Pulse

creatorはwww.pulse3d.com/からダウンロードできます。インストール後30日間は自由に使えます。

ライセンス形態
  インストール後30日間使用可能、それ以降は年間3000$のライセンス料が必要です。

サンプルへのリンク
  http://www.pulse3d.com/explore/gallery.asp