Document

In the present state a 3D printer is used for industrial purposes and is used for materials like plastic and metals. It aids in bulk production of goods with uniformity among them. This eases production processes and brings about consistency in the goods produced. If this technology is developed for everyday household use it is sure to have some impact on the economy.

Procurement and possession of goods will no longer be difficult as it will be easy to produce replicas. This might also lead to many goods seeing a dip in value.

These are all ifs and buts that are being considered about a situation that may be faced some five years from now. Till then there might be a lot more changes taking place in the economy and technology side that may add new dimensions to this debate. Until then, the 3D printer is definitely a product being greatly awaited.

Source

Document

Computer Graphics World has an online exclusive on Cinesite’s recreationg of 18th century London in 3D for Pirates of the Caribbean: On Stranger Tides.
“Cinesite, one of the world’s leading film visual effects houses, has completed more than 300 stereoscopic visual effects shots for Pirates of The Caribbean: On Stranger Tides. For their first full stereo 3D project, Cinesite were tasked with creating large-scale photorealistic 3D environments for a dramatic carriage chase through London.”
“Starting inside St James’ Palace and progressing through three different exterior London environments, the carriage chase sequence was shot against three large bluescreens on location in Greenwich and comprises more than 200 back-to-back shots. Cinesite created complex 3D environments including full CG street builds with detailed period buildings, as well as set and background extensions. Atmospheric smoke, smog and fog were added to create an old London feel, and extras, shot in stereo against a bluescreen, were seamlessly composited to enhance the busy London street.”
Read more

Announce
Document

セキュリティアプリ「Big Brother Camera Security」の開発者であるDaniel Amitay氏はアプリに使用されるパスコードからiPhoneで最もよく設定されているパスコードを調べ、公表しました。公表された情報によると、もっともよく使われるパスコードは「1234」ということで、単純でクラックされやすいパスコードをそのまま使用している人が多いことが分かります。少々面倒ですが、パスコードは8桁のものを使用するなど、できることからセキュリティの向上を図りたいですね。

Most Common iPhone Passcodes

Document

3D World has an article about Cinesite’s range of shots for X-Men: First Class.
Cinesite worked on a range of shots including a retro version of the Cerebro Room, Azazel’s fight sequences, a military parade in Red Square, and Washington DC, devastated by nuclear war.
Source

Document

The Core Skills of VFX Handbook has one simple but ambitious aim: to improve the new entrant skills available for the UK’s VFX industry.
The handbook is relevant to both students and tutors; it is designed to assist universities and colleges to raise the standard of VFX courses available and therefore the new talent available in the UK. A highly recommended read for anyone involved – or who wants to be involved – in the VFX industry.
Source

Document
Movie

Computer Graphics World has an online exclusive on the fourth film of the highly successful “Pirates of the Caribbean” film franchise.
“It would be up to Gibson, VFX Producer David Conley and Ben Snow of Industrial Light & Magic to ultimately convert the blacksuited swimmers into terrifying mermaids. “Based on what ILM had done with Bill Nighy and Davy Jones in ‘Dead Man’s Chest’ and ‘At World’s End,’” notes Gibson, “we knew that we could create fully synthetic characters with great fidelity that matched the performances of live-action characters. The actresses who played the mermaids were tracked wearing either special suits or, in some cases, transfer tattoos when they couldn’t be wearing suits. These were then blended so that we had the best of both worlds.””
Read more

Document

スマートフォンをはじめとしたモバイル機器が増え続けている今日このごろ、うっかり充電を忘れてしまい、大事なときにモバイル機器を利用できない!!という状況を経験した方も多いはず。そのような方におすすめしたいのが、この度、日本マクセルから登場したワイヤレス充電器「エアボルテージ」です。面倒で忘れがちな充電用ケーブルの抜き差しをすることなく、充電台の上に端末を置くだけで充電開始。約2.5時間で充電を終えることができる優れモノです。

充電をもっと簡単にする「エアボルテージ」

Document
Movie

“Rango” marks ILM’s first foray into full-cg animated films, and utilized a lot of their in-house expertise with Pixologic’s Zbrush. Over at ZBrushCentral, they have an excellent interview with Rango’s Model Supervisor Geoff Campbell on how ILM utilized Zbrush in their workflow.
“The general flow was to sculpt and texture a three-day ZBrush maquette for each character and after approval, start in on the asset. A first pass model was sent to rigging while the model asset continued to be refined, hair and fur splines added, scales added, UV’s laid out etc. Once the finished model had gone to paint, the modeler would start on the facial library. We had a few weeks for each character model including wardrobe and two weeks on average for making our facial libraries.”
Read more

Document
Movie

fxguide.com talks with VFX supervisor Ray Chen and animation director Andy Arnett from the Rhythm & Hues team of “Hop” on how they realise anthropomorphised animals as CG creations.
Artists had to tackle E.B.’s long rabbit ears – and those of his father, the current Easter Bunny (voiced by Hugh Laurie) – to establish which poses worked best to maintain character and personality while still having the animal be quickly identifiable as a rabbit.
Source

3DCG Software
Document

The Gnomon School of Visual Effects has released two video tutorials presented by The Foundry, recorded during the MARI 1.1 release event in December, 2010.
Part 1 Gnomon Alumni Brandon Fayette & Jake Raymor from Bad Robot Productions demonstrate MARI’s hard surface and organic structure painting techniques live.
Part 2 Scott Metzger from Method Studios showing how MARI was used on the latest Lexus Commercial

Document

CGSociety talked to the Previsualization Supervisors for AJ Briones and Justin Denton from Halon Entertainment about the technology they used on Halo: Reach. Their focus was on the cameras, to make it feel like there’s a cameraman actually holding them, and their solution was motion capture.
The OptiTrack Insight virtual camera system is a production-grade system, ready for the market. Tracked with optical motion capture, it provides an absolute coordinate system that marries user’s virtual and real world together. Scaling and offsets can allow users to have a ‘hand held’ look, or zoom around a city, that is the benefit of a virtual world.
Source

Announce
Document
etc

JavaScript、jQuery のデザインパターンの教材が無料でダウンロードできるそうです。ビギナを対象にしているようなので、今後これらに触れる機会がありそうな方はとりあえず保存しておくと良いかもしれません。

詳細はこちら

Document

Panda Security社は11月16日自社のブログにて、ITセキュリティ分野でよく耳にする都市伝説について自社の考えを示しました。セキュリティ会社がウイルスを作っている?といった、セキュリティ会社としてはとんでもないと思うような都市伝説について解説を試みています。もちろんセキュリティ会社がウイルスを配布することなどありえないとは思いますが、そういった噂について言及しなくてはならないセキュリティ関係者の心労が垣間見えるようです。

Panda Security Japan ブログ

Document

Twitterが一般に浸透し、多くの有名人にもTwitterブームが起こっています。しかし最近、そうした有名人の「Twitter離れ」ともいう現象が広まっているようです。記事中ではTwitterにある種の「振り落としの段階」が訪れたのではないかと語られています。みんながやっているからと始めた人がこれからもつぶやき続けるか、つぶやくのを止めるかを選択する時期にきているのではないかという事です。私も周りに流されて始めた口ですが最近まったくつぶやいてませんし、記事が言っていることは理解できる気がします。

詳細はこちら

Document

FirefoxとGoogle Chromeはどちらがより優れたブラウザなのか。また、どちらが将来シェアを拡げることになるのか。今回の記事は、この2つのブラウザに焦点を絞って書かれています。著者はかなりGoogle Chromeを評価しているようで、記事内でFIrefoxの良いところには一度も触れられていないという一方的な内容になっています。

このようなブラウザの性能比較の記事は比較的よく見かけますが、どのブラウザが最も優れているのかについては記事によって大きく異なっているように思います。ですので、私はこの記事の意見を鵜呑みにする気はありませんが、面白い内容ではあったので紹介したいと思います。ぜひ、ご一読下さい。

記事はこちら

Document

仕事がいつ終わるのかをより正確に聞き出すにための2つの質問についての記事です。

その方法とは、まず理想の世界では仕事がいつ終わるのかを聞き、続いて実際にいつ仕事が終わるのかを聞いて見るというものです。

興味深い記事ですね。

記事はこちら

Document

 米Intelは7日(現地時間)、45nmプロセスを採用したPenryn(コードネーム)コアのCore 2 Duo/Quad CPU計16モデルを発表した。1月より順次出荷を開始する。

2007年11月にPenrynベースの「Core2 Extreme QX9650」などを投入していたが、今回そのラインナップをメインストリームにも拡大した。プロセスの進展により、パフォーマンスを向上させると共に消費電力を削減し、ノート向け製品ではバッテリの持続時間を延長。また、鉛フリーで製造し、2008年度中にはハロゲンフリーも目指し、環境負荷を低減するとしている。

詳しくはこちら

Document

人物写真作成時の16のアートテクニックです。

用途にもよるでしょうが、どれも印象深いもの担っています。

興味のある方はぜひ試してみてはいかがでしょうか?

記事はこちら

Document

ハリー・ポッターシリーズの著者として知られているJ・K・ローリングが執筆した全手書きの新作本がオークションに出品されました。その落札金額はなんと195万ポンド、日本円にすると約4億5000万円にもなります。

詳しくはこちら

Document

ペプシの面白い広告を紹介されています。

一見するとただの写真のようですが、よく見ると上から赤・白・青が組み合わさっています。

全ての広告に人がちゃんといるそうです。


記事はこちら

立体視関連のソフトやハード、話題の新製品・サービスのリリース日やイベント情報をまとめています。
カレンダーのダウンロードはこちらから→XML, ICAL, HTML

バナー

最近のコメント

  • Ambo: 以下の点についてもう一度ご確認ください ・使用しているマシンのスペックが3Dvisinoの動作要件を 満たしているか ・使用しているディスプレイが3Dvision対応のものかどう か...
  • 光一郎: よろしくお願いします NVIDIAコントロールパネルに ステレオスコッピクの項目がありません、古いのでしょうか? バージョン見たら 2.8.31.3.10です。 でも今日 2010/5/7手元に届いた最新のものですが。
  • 茨 陽子: 日本の会社でも、おでこで「見る」商品が発売されていますよ。
  • 武本: 武本@キヤノン(あいづJapanOB) 手に持つスコープはステレオビデオシースルーなので立体視可能で すよ。
  • Kuiio: 私はRohos Face Logonを見ることを推薦致します。それはWindowsで動 作しますhttp://www.rohos-jp.com/pr oducts/rohos-face-logon/

アーカイブ

この日記のはてなブックマーク数

EYES JAPAN Web3D Projectt

Make World 3D! Eyes, JAPANのWeb3D Projectへようこそ。 ここではVicon社のMX40カメラを使ったMotionCaptureやHDRIをはじめ様々な3DCG関連のニュース、 ギャラリー、製品比較、リンク集やSIGGRAPHの紹介、ウェラブル/モバイル/ハイテク系のCoolなGadgetやニュース等も紹介していきます。 みなさまからのタレコミもお待ちしております。

mocapdata.com Over 600 free motion data available! Download now! (fbx, c3d, bvh, bip)



CG Review