読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ETC Review

Kinect をモーキャプの撮影と編集、Vicon MX との比較レビュー (キャリブレーション、撮影編)

従来の Motion Capture は、撮影機材を揃えるまでに数百万円や数千万円といった膨大な金額が掛かってしまいます。 しかし、Kinect の登場によって低予算で簡単にモーションキャプチャーができるようになりました。今回は、その Kinect を用いて、Kinect モー…

Kinect をモーキャプの撮影と編集、Vicon MX との比較レビュー

従来の Motion Capture は、撮影機材を揃えるまでに数百万円や数千万円といった膨大な金額が掛かってしまいます。 しかし、Kinect の登場によって低予算で簡単にモーションキャプチャーができるようになりました。今回は、その Kinect を用いて、Kinect モー…

Kinect をモーキャプの撮影と編集、Vicon MX との比較レビュー (編集編)

目次 4. 編集 4-1. モーションムービーファイル(.avi)を開く 4-2. キャリブレーションシーンファイルを開く 4-3. モーションの編集する範囲を決める(開始フレームと終了フレームの設定) 4-4. ソフトのモデルの位置と体型をアクターに合わせる。 4-5. アクタ…

Mitsubishi 3D対応 DLPプロジェクター 『XD600U-G』 フォトレビュー

Mitsubishiから発売された3D対応DLPプロジェクター 『XD600U-G』のフォトレビューを送りします。 このDLPプロジェクターは4500ルーメンの非常に明るい映像を投影し、ブルーレイ3Dのフレームシーケンシャル3D映像に対応している、とても魅力的な一品です。ま…

USTREAMでの動画配信レビュー(機材編)

はじめに、動画配信使用している機材の紹介をします。 配信に使用しているのは大体以下の通りです。 配信マシン:MacBookPro 15' カメラ: DVカメラ、webカメラ マイク: スタンドマイク、ガンマイク、ハンドマイク DJコントローラ: VSTAX SPIN

USTREAMでの動画配信レビュー(配信編)

h3 {border: #000 1px solid; background-color: #ccc; padding-left: 5px;} table {border-collapse: collapse; border: #000 1px solid;} th, td {border: #000 1px solid; padding: 2px;} th {background-color: #fcc;} このページではUSTREAM公式ソフト…

USTREAMでの動画配信レビュー

近年では様々な動画共有サービスが提供されており、インターネットを通しての動画配信、中継が個人でも気軽に行える環境が出来上がっています。宣伝や広告のためにこういったサービスを利用している企業も少なくありません。そんな中、Eyes, JAPANでは社内で…

HDC-TM750 + 3Dコンバージョンレンズ超速フォトレビュー

8月31日に発売となったビデオカメラTM750と3DコンバージョンレンズVW-CLT1の最速フォトレビューをお送りします。外観レビュー、3D撮影、FCP編集までをざっくりやってみました。付属ソフトとiMovieでの編集、スイートスポットなどの詳しいレビューは後ほど追…

ステレオムービー編集ソフト比較

アバターやトイストーリーなどの3D話題作が次々と成功を収めていますが、最近ではとうとう映画に限らず3D対応のTVやblu-rayレコーダもぞくぞく発表されています。家庭用3Dビデオカメラが発売される日もそう遠くないかもしれません。そうなってくると必須にな…

nVIDIA 3D Vision & SAMSUNG 2233RZ SyncMaster レビュー

このレビューではnVIDIAより発売されたフルHD立体視キット「3D Vision」とそれに対応する3Dディスプレイの「SAMSUNG 2233RZ SyncMaster」(以下2233RZ)をご紹介していきます また、前回ご紹介したrealD方式の「三菱WD-73735」との比較も合わせて行っていき…

stereoscopic playerで自作3D DVDを観る

今回はstereoscopic player用の3D DVDの作り方を紹介します。 作業環境 ・再生PC : Windows Vista Ultimate Core 2 Duo 2.4GHz 2GB ・オーサリングPC : Mac OSX 10.6 MacBook Pro Core 2 Duo 2.4GHz 3GB ・使用ソフト : stereoscopic player, ステレオムービ…

Stereoscopic display techniques

At Eyes, JAPAN three-dimensional videos are shot with 2 identical cameras mounted on a frame to ensure their adjustment which simply record two movies: One for the left eye and one for the right eye. Two important terms are stereo base an…

Motion Capture bei Eyes, JAPAN

Autoren: Sascha Holesch, Frederik SchlupkothenDatum: 01.09.2009 Einführung Motion-Capture (MoCap) bezeichnet ein Verfahren zur Aufnahme von Bewegungen im dreidimensionalen Raum. Die aufgenommenen Bewegungsdaten werden maschinenlesbar festg…

Augmented Reality in Germany

At present, there are several governmental aids to advance in the field of Augmented Reality in Germany. The BMBF (Federal Ministry of Education and Research) is investing around 39 Million Euro until the year 2011 to significantly advance …

Xacti (HD2000) とRealD PODでリアルタイム立体視

今回はRealD社のDual Input PODを使って、カメラが捉える立体映像をリアルタイムに3DTVに出力してみたいと思います。

立体視用実写コンテンツ 撮影レビュー(ste-fra LANCでシンクロ撮影編)

今回は気合いの同時押しではなく、ステレオ撮影専用のリモートコントローラを使って撮影してみました。今回使用したのはdigi-datのste-fra LANC V3.0 (453ユーロ / 約60,000円)です。SONYとCanonのA/V R端子を持つ製品に対応しています。

R/C Cockroach(コックローチ) レビュー

皆さんはゴキブリが飛ぶのを見たことがあるでしょうか。R/C Cockroachは、ゴキブリが飛ぶのを一度でいいから見てみたい!という皆さんの声によって生まれた、新世代のガジェットです。 続きを読む

L.A.S.E.R TAG 2.0 (レーザー・タギング)レビュー

「L.A.S.E.R TAG 2.0」とは? 「L.A.S.E.R TAG 2.0」とは、アメリカの Graffiti Research Labが開発したオープンソースライセンスで配布されるソフトウェアで、レーザーポインタとプロジェクタを使い、レーザーポインタで非常に大きなビルなどにGraffitiする…

3Dディスプレイ・立体撮影レビューを追加しました。

近頃ケータイにも採用され、徐々に熱を帯びてきた3D技術。今回は73"の3D DLP ディスプレイのレビュー、Maya2009を使った立体視コンテンツの作成方法、カメラ二台を使った実写3Dコンテンツの撮影方法、3Dフォーマットのまとめを掲載しました。 1. DLP 3Dディ…

3Dフォーマットのまとめ

個人用途 1.偏光方式(パッシブステレオ) 偏光フィルタによって特定方向の光の振動を通過させ、左右の映像を分離する方式。視聴者は偏光メガネを装着して鑑賞する。最近では、従来の直線偏光ではなく、円偏光を用いたものが主流。直線偏光では、首を傾ける…

立体視用実写コンテンツ 撮影レビュー(気合いの同時押し編)

今回はカメラ2台を使った実写の撮影と、左右の動画の編集をしていきたいと思います。今回は巷で紹介されているLANCコントローラを用いたシンクロ等は行わず、気合いの同時押しで撮影していきます。

Maya2009立体視コンテンツ作成レビュー

このレビューでは73" Mitsubishi DLP® TV (WD-73735)を使って、Maya2009の3DCGの立体視用のレンダリング機能とビューポートでの立体視機能の使用手順について説明していきます。 今回使用したDLPディスプレイはRealD方式を採用しており、従来のそれよりも…

P5 Glove レビュー

P5 Gloveとは 指の曲げセンサと磁気センサを備えた データグローブの一種です。 これを使用することで手の3次元的位置や、指の曲げ具合をコンピュータの情報に変換することができます。 今回このグローブを使用した理由は非常に安価で購入しやすく、ゲームで…

realD対応3DTV 再生レビュー

今回は、realD方式に対応した三菱の3Dディスプレイ、WD-73735のレビューをしていきます。 近年、映画だけでなくケータイやゲームなどでも実装され、徐々に波を起こし始めている3D映像技術ですが、その波は確実に大きくなっていると言えます。将来さらに3Dの…

L.A.S.E.R TAG 2.0 レビュー

「L.A.S.E.R TAG 2.0」とは 「L.A.S.E.R TAG 2.0」というものを皆さんご存知でしょうか。これは、アメリカの Graffiti Research Lab という団体の開発したソフト及びシステムの名称で、一般に「レーザータグ」と呼ばれています。強力なレーザーポインタを使…

Autodesk MudBox 2009 レビュー

em { font-weight: bold; color: red; } .subtitles { border: black thin solid; color: white; background-color: #cccc99; } table { text-align: center; } th { padding: 8px; } td { padding: 8px; } Mudboxとは Mudboxとは、Autodesk社が開発するソフ…

ViconGPMaya Plug-in for import V file

You can download the ViconGPMaya plug-in from the Vicon Online Support website. http://www.vicon.com/support/ When you install the file, please check the path to Maya folder for plug-in.

MotionBuilderレビュー

Motion Builderとは? MotionBuilderは、Alias(現Autodesk)が開発するリアルタイム3Dキャラクタアニメーションツールで、MotionCaptureのデータからキャラクターアニメーションを作成できるだけでなく、リグ機能など手付けアニメーション作成に役立つ機能…

OptiTrack Review 第2回

前回のOptiTrack Reviewでは、セットアップに関する部分を書きました。今回はOptiTrackを使う上で重要なARENA Motion Capture Softwareについて書きたいと思います。前回のセットアップ編については、こちらをご覧ください。

Using Vicon V-file in Maya 2008

Part One of a series how to use Vicon V-file in Maya. So far, you need to use Autodesk Motionbuilder for transfering motion capturing data on a model created with Maya. Because of speeding up the workflow we want to research if there is a …

HOW TO INSTALL COLLADAMaya PLUG-IN

This review will guide you through the installation of the COLLADAMaya Plug-in for Maya 2008 on Windows XP as well as on Mac OS X Leopard.

OptiTrack Review セットアップ編

Introduction OptiTrackはNaturalPoint社が販売している低価格な光学式モーションキャプチャシステムです。従来の光学式モーキャプシステムは、システムを導入するだけでもかなり高額(数千万円くらい)なものでした。しかし、このOptiTrackを用いることで今…

PANORAMIC IMAGE KIT (English)

[Japanese | English] By Hirofumi Kasagi

PANORAMIC IMAGE KIT

[Japanese | English] By Hirofumi Kasagi

ZBrush Review part3(4)

@import url(/reviews/ZBrush3/zbrush.css); --> 4 Normal Mapの作成 このページではZbrushのデフォルトプラグインである、ZMapperを使用してNormalMapを作成します。 NormalMapはオブジェクトの凹凸等の情報を含んだテクスチャです。NormalMapにつきまして…

ZBrush Review part3(5)

@import url(/reviews/ZBrush3/zbrush.css); --> 5 3ds Maxを用いてのレンダリング このページでは先ほど作成したカラーマップテクスチャをオブジェクトに適応し、3ds Max上でレンダリングします。ZBrushだけでもシーンを簡易的にレンダリングすることはでき…

ZBrush Review part3(3)

@import url(/reviews/ZBrush3/zbrush.css); --> 3 ZBrushを用いてのテクスチャの作成 このページではZBrushを使用して拡散反射光用のカラーマップテクスチャ(以下、DiffuseMapと表記)を作成していきます。 ZBrushでオブジェクトに色を塗ってDiffuseMapテク…

ZBrush Review part3(2)

@import url(/reviews/ZBrush3/zbrush.css); --> 2 ZBrushを使用してのスカルプティング ここでは一度、3ds Maxの作業から離れ、ZBrushでスカルプティングの作業を行っていきます。初めに、先ほど3ds MaxからエクスポートしたオブジェクトをZBrushにインポー…

ZBrush Review part3(1)

@import url(/reviews/ZBrush3/zbrush.css); --> ZBrush Review part3 ZBrushはオブジェクトの作成、編集や、静止画の作成などの機能が主として考えられていますが、実際には他のソフトとの連携機能もきちんと実装されています。 この連携機能を利用しますと…

ZBrush Review part2(6)

@import url(/reviews/zbrush2/ZBrush.css); --> 6. 感想、総評 今回のレビューでは、主にZSphereによるモデリング、ZBrushによるディティールの作成方法をレビューしていきました。 以下に今回感じた利点、欠点をまとめてみました。 利点 ZSphereは従来の制…

ZBrush Review part2(4)

@import url(/reviews/zbrush2/ZBrush.css); --> 4. 16ビットのDisplacement Map ZBrushでは、最終的にオブジェクトに作成したディテールを「テクスチャ」として他のソフトにエクスポートします。 ディテールを作成した何百万ポリゴンのオブジェクトを、オブ…

ZBrush Review part1(7)

@import url(/reviews/zbrush1/bunsyou.css); --> 7. ZBrush3.1から追加された機能 ここでは3.1のアップグレード時に新たに追加された機能及びまた個人的に使用頻度が高く、非常に便利だと感じた機能についてもレビューしてみましょう。 キャンバスに奥行、…

ZBrush Review part1(5)

@import url(/reviews/zbrush1/bunsyou.css); --> 6. ブラシツールを使用した、オブジェクトの作成 早速、ペイントツールを使用し、オブジェクトを制作していきます。今回は人の顔を作ってみます。まず用意されたプリミティブから顔の形に一番近い、球体を選…

ZBrush Review part1(8)

@import url(/reviews/zbrush1/bunsyou.css); --> 8. 感想、総評 今回のレビューで個人的に感じた利点と欠点をまとめてみましょう。 利点 処理が軽く、絵を描く様にモデリングできる 最終的な形を元に簡単なオブジェクトを作成できる Divideを使用しても、処…

ZBrush Review part2(3)

@import url(/reviews/zbrush2/ZBrush.css); --> 3. スカルプティングとは? スカルプティング(Sclpting)とは、彫刻の様にオブジェクトにディテールを追加させていく事です。前回は、スカルプトという程、細かい彫刻はせずにオブジェクトの形だけをかたど…

ZBrush Review part2(5)

@import url(/reviews/zbrush2/ZBrush.css); --> 5. Normal Mapの作成 ZBrushは、通常の3DCGソフトでは作成が難しいNormal Mapを簡単に作成する事が可能です。通常の3DCGソフトでNormal Mapを作成する場合、ディテールの無い低ポリゴンのオブジェクトと対象…

ZBrush Review part2(2)

@import url(/reviews/zbrush2/ZBrush.css); --> 2. ZSphereでモデリング 早速、ZSphereでオブジェクトを作成してみましょう。今回作成するのはデフォルメした人形キャラクターです。 タブレットよりマウス ZSphereでモデリングを行う時は、タブレットではな…

ZBrush Review part1(2)

@import url(/reviews/zbrush1/bunsyou.css); --> 1. ZBrsuhとは? ZBrushとは、Pixologic社が発表した3DCGソフトウェアです。スタンドアロン型のアプリケーションで、従来の3DCGソフトとは異なるUI(ユーザーインターフェイス)が特徴です。 Figure2-1 Pixo…

ZBrush Review part1(4)

@import url(/reviews/zbrush1/bunsyou.css); --> 4. ペイントツールの概要 ZBrushはタブレットを用いて操作することが可能です。ZBrushのモデリングは「マウスを用いて3Dをモデリングしていく」というよりは、「タブレットを手に3Dの絵を描いていく」という…

ZBrush Review part1(1)

@import url(/reviews/zbrush1/bunsyou.css); --> Zbrush Review Part1 今回は最近話題のCGソフト、ZBrush3.1のレビューです。ZBrushは、日本でも株式会社オーク様から発売されています。